忍者ブログ

トキノコギリ

性的な描写を含む絵のアップロードをする事がある為18歳未満の方は大人になってから来てね。

2016'12.16.Fri
タイトルの通り、
サキュバスプリズンの発売日を2017年1月に延期させて頂きます。

原因は、ゲーム内のリアルタイム移動処理関連のバグが取れない事と、
会話差分の想定以上の増え方です。

考えれば考えるほど状況というのが増えていくのに対応してたら、
複雑になりすぎてしまいましたね…真に申し訳ございません。

二階でトイレを壊した後、二階のトイレに隠れているのを見つかって、
使えないトイレにいる事を追求された時に、直ったと言い訳すると、
その場で水を流す事になって壊したままだと嘘つきとして処理されるとか。

もう色々とキリがない…

核となる搾精Hシーンに関しては、実は殆ど揃いつつあります。
基本絵がメインキャラ達は1キャラ4~5枚程度で、人間淫魔差分含めて、
シーン数に関しては会話の流れによる細かい変化等もありますが、
1キャラにつき10個程度になるかと思います。

ゲスト参戦キャラはそれぞれ1シーンずつ、
今のところ予定は6~7人程度ですが、場合によっては増えるかも。
まだサプライズな豪華ゲストが控えてたりしますが、
全キャラ紹介すると、楽しみが減るのでこの位で。

キャラによって複数枚の絵差分があるサキュバスもいます。
丸呑みとかは1枚だけで描くの難しいですからね。

価格ですが、恐らく妖魔園と同程度の物になります。
1500円前後ですね。
発売後にはアップデートを見越したちょっとした
プレイヤー参加企画も考えてます。

例によってマスターアップが終わる頃にはお年玉キャンペーンもやろうと思ってます。
お楽しみに。


さて、今回エロがメインという事で、大体のシーンはちょこちょこと動いたりします。

これは犯されてるのは主人公ではないようですね…
一体どういう状況なのでしょうか?


他にも、状況によっては淫魔達の身体を洗う羽目になる事も…
マウスを使ったちょっとしたお触りミニゲームですね。

淫魔にとってはちょっとしたからかい程度ですが、
主人公にとっては淫魔の肌を直接手で触る命がけの行動に。
あんまり洗うのが下手だとそれだけで殺される事も…

そういう訳で…もうしばらくお待ち下さい。


PR
2016'12.10.Sat
さーて、今夜の召喚悪魔紹介のお時間です。

本日紹介致しますのはこちらの悪魔さん。



…おやおや?
またどこかで見た気がしますね?しますかね?

この方も既に知られてる方はいらっしゃると思いますが、
改めてご紹介いたしましょう。

この母性たっぷりな柔らかな雰囲気を持つサキュバスさんは、
みつまたうさぎさんの描かれたキャラクターで、
初出は丸呑み、粘液、百合えっちなRPG!である、
魔法少女★リィル
魔法少女リィル
にて、ボスとして登場したサキュバスさん。

一見すると、優しげで甘えたくなるような甘い雰囲気の淫魔さんですが、
その雰囲気を感じてしまう事こそが、サキュバスの恐ろしさの一つ。
サキュバスお姉さんからは逃げられないっ
スピンオフである、こちらの作品では、このサキュバスさんが男の子達を次々と襲い、
完全に一方的に優しく、幸せそうに搾って吸い尽くして喰らい尽くすという、
サキュプリの世界観に非常にマッチした人間の命が大好きなガチ淫魔となっております。

私も愛用させて頂いているサキュバスさん。
召喚できないかと依頼して、めでたくサキュプリに参戦です。

召喚方法はやっぱりまだ内緒ですが…
そのプレイ内容は、どこまでもトロトロにとろけていくような、
恐ろしくも、蜜の様に甘いプレイ…である事をお約束致します。

うーん、淫魔に人間は、勝てない。
2016'12.02.Fri
さてさて、本日の召喚可能な悪魔のご紹介のお時間です。

本日は私の描くキャラクターではなく…


この方。

…おや。
既に知っていらっしゃる方もおられますでしょうか。

しかし、知らない方の為にもご紹介する必要がありますね。

この笑顔のかわいい子は、
イラストレーター薄稀さんの描かれたオリジナルのサキュバスちゃんです。

以前見かけて、サキュバスとして残酷かつ容赦の無い性格に一目惚れ。
気ままで、不真面目で、人間の命を有無を言わさず遊び半分で食い散らかす。
そんなこのゲームの世界観にピッタリのシチュエーションを
是非今回このゲームでも見せて頂きたいという事で…

今回、依頼をさせて頂き、めでたくサキュプリの世界に参戦です!
ああ、ますます主人公君の死因が増えますね。

 
さて、まだご存じないと言う方は  をクリックしてどうぞ。
つくづく、淫魔に人間は勝てない。
2016'12.01.Thu
12月になりましたね。
さて、本日のサキュプリ登場悪魔の紹介になります。

本編を製作する息抜きがてら発売まで少しずつご紹介。


今回はこの子。

トキノコギリの過去作をプレイしている方で、
勘の鋭い人ならこの子が何者か分かるかもしれませんね。
おそらくその勘は当たっていますよ。先生。

そしてこの子がいる事により、共通の世界観である事、
時間軸的には、結構前の話になると言う事が示唆されたりして。

しかし、見た目は小さくても、この子もきっちりとサキュバス。
幼い見た目に油断して、甘い囁きに乗せられたら…
そこから先はどこまでも弄ばれてしまいます。

プレイヤーは小さい相手だからこそ…
「淫魔に人間は、勝てない。」
この言葉を実感する事になるでしょう。
2016'11.28.Mon
さて、追々紹介すると言った通り、悪魔召喚により登場する、
恐ろしいサキュバスを今回は一名紹介していきましょう。
呼び出す為の条件は基本的に「秘」です。



さて、今回はこの方。

数年前に私がウディタを覚える秀作として作ったR18フリーゲーム
「サキュバスによる性奴隷監禁生活から
 僕はあれこれ頑張って死ぬ前に脱出したい。」
に登場したサキュバスと、完全同一のサキュバスです。




一週間で全部作る前提で描いたから絵が荒くて見返すのつらぁい。
そりゃあもう書き直しますよ。


このサキュバスも、ミュスカ達と同じように
非常に残酷で、罪の無い人間だろうが、美味しそうならば
無理矢理捕らえた上で監禁し、死ぬまで吸い尽くす淫魔。
それに運悪く捕まってしまった主人公は…というのが原作です。

淫魔による監禁からの脱出…
言ってみればこれがサキュプリの前身になりますね。


ちなみに、今作で召喚できるサキュバス達ですが、
ゲーム中では名前が分からないキャラが殆どです。何故か?

だって、ただの食べ物に対して一々名乗る人はいませんよね。
そういう事です。「いただきます」だけで十分。

さて、こういう解説をされると、原作が当然気になってきますね。
今はもう公開してない訳ですけど。残念。

…と、そんな貴方に耳寄り情報。

このフリーゲームですが…
サキュプリ製品版におまけとして、そのまま同封します。

処女作ゆえの、色んな場所の粗さや内容の短さが目立ちますが…
あくまでおまけという事で。過度な期待はしないでくださいね。

それでは今回の紹介はここまで。
次回更新は誰が出ますかね?お楽しみに!
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10
«  BackHOME : Next »
カレンダー

01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
プロフィール
HN:
とき

性別:
非公開
自己紹介:
絵とかぼちぼち描いてます
お仕事とか、ご指摘、ご連絡とかはnijikaku2007☆msn.com(☆を@にしてくんつぁい)まで

DL同人作品







トキノコギリ販売物

サキュバスプリズン~淫魔の巣食う一軒家~
☆新作☆
サキュバスプリズン ボイスプラス
DLC
魔立ロリサキュバス妖魔園
ぼくがすきになったせんとう。
トキアソート

二次創作作品
Another Prison
拙作「サキュバスプリズン」の二次創作作品です。
ロリサキュバスとの性活 〜18冊の魔育日誌〜
ラビLOVEライフ! 〜ロリ兎サキュバスとの性活〜
拙作「魔立ロリサキュバス妖魔園」の二次創作作品です。

製作協力作品
モンスター娘百覧Vol.1
とろとろレジスタンス様より
モンスター娘百欄Vol.1にて
何体かのイラストを担当しております。
キャラメルサキュバスのアダルティートラップ~誘惑陥落
ネイビーサキュバスのセクシャルペッティング~堕落接触
シトラスサキュバスのラブラブトーチャー~求愛拷問
ラズベリーサキュバスのミルクタンク逆レイプ~悩殺吸精
ライムサキュバスのキャプチャーセックス~拘束誘惑
ブラウンサキュバスのプレスエッチ~圧迫窒息
ピンクサキュバスの口紅キャンディーフェラ
ラベンダーサキュバスのパフュームキッス
ブロンドサキュバスの昇天セックス
夢魔空間様の音声作品
カラーサキュバスシリーズ
イラストを担当しております。

ゲスト参加作品
プリンセスとパンドラの箱
プリンセスとパンドラの箱
ゲスト参加にて一枚CGを寄稿しております

pixiv投稿絵
R-18絵は表示されなくなってます。
Tumblr
最近のえっちならくがきとかはこっちに投稿してます。 たまにらくがき以外もまじる。
カウンター
ブログ内検索

トキノコギリ wrote all articles.
Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]